雨漏り責任期間は10年?、20年? - 六甲アイランドのリフォーム・雨漏り修理・調査なら!てらだやにせん|神戸市・芦屋市・西宮市
お問い合わせはこちら
雨漏り責任期間は10年?、20年?

新築住宅の引き渡し後、雨漏り(瑕疵)に対して

建築後10年間は補修や賠償責任があると

平成12年4月に施行された「品確法」で

義務づけられたとういう認識があり、

「10年間」を一つの目安として考えていました。

しかし、平成23年の最高裁判決により、

施工会社や監理者の「不法行為」による雨漏りと

認められた場合、最長で20年間、責任追及が

出来ることになった判例が出ました。

それ以降、訴訟案件が増えてきたという事です。

「不法行為」とは?範囲は?疑問を解消する為、

DSC_2138

弁護士の明石先生、一級建築士の衣川さん、

インスペクター(住宅診断)の森さんと

意見交換の場を持ち神戸三宮で集合です。

不法行為とは「故意または過失」の認定が

必要とのことらしく、「故意」に雨漏りを

させようとは思わないので、論外ですが、

「過失」は注意義務を怠ることと解釈すれば、

実際の作業現場において、職人さん任せに

しないでしっかり現場管理をし、マニュアル通りの

施工をしなければと改めて気を引閉めた次第です。

その後の懇親会では、一転気が緩んで

最終電車で何とか自宅に・・・。