餃子の王将 元町店。(神戸)。 - 六甲アイランドのリフォーム・雨漏り修理・調査なら!てらだやにせん|神戸市・芦屋市・西宮市
お問い合わせはこちら
餃子の王将 元町店。(神戸)。

ある日の王将店舗内の出来事です。

私の定番、餃子とビールを注文して待っていた時、

同じ年恰好の中年の同輩が店に入ってくるなり、

「チャンポン、麺6分茹でで頼むわ」、

6分茹で?茹で時間の指定は初めて聞いた体験。

ラーメン屋さんでよく聞くのが「カタめん」、

「ばりカタ」等は聞くし、メニューにも書いてあるし、

違和感は無いのですが茹で時間の指定はできるの?しかも王将で。

「6分茹で」どう対応するのか?興味津々で成り行きを見守ることに。

途中、同輩が「トイレどこ?」「2階です」と答えるスタッフ。

王将側のチャンス到来!

トイレをしに2階に行ったので5分も6分も分からないはず。

戻ってきた時、ちょうどチャンポン麺の出来上がり。

それを出された同輩の反応を楽しみにしていたところ、

あと「一味あるか?無かったら七味でも良いわ」

ご同輩、まだこまかい注文をするの?と思いきや

スタッフさんはたぶん七味?を餃子のタレ皿に入れ素早い対応。

さすが王将やるなと思っていると、その同輩はその七味を全部かけ、

しかもテーブルにあるコショウをふりかけ食べ始めました。

相当な辛いもん好きや。味なんか分からんし、5分も6分もわからんわなぁ。

と思い厨房に目を移した瞬間、我が目を疑った!

DSC_2839

王将のスタッフはちゃんとタイマー掛けて6分茹でてはったんや!

注文する方も注文する方だが対応する方も対応する方です。

一人一人のニーズに対応する商売の原点を改めて勉強させて頂きました。

DSC_2841

王将 元町店。この対応力に恐れ入りました。