判断を迷わす雨漏り。 - 六甲アイランドのリフォーム・雨漏り修理・調査なら!てらだやにせん|神戸市・芦屋市・西宮市
お問い合わせはこちら
判断を迷わす雨漏り。

雨漏りか、結露か、判断ができますか?

というご相談を受けることがあります。

太陽光が設置している屋根がらみで。

IMG_1128

特許技術の検査装置で調査をして雨漏りを

再現させることは可能です。

CIMG4841

しかし、ここで一つの可能性が頭を過ぎります。

雨水が小屋裏に浸透し、その溜まった水が

換気の悪い状態で蒸発し、空気中に水蒸気となって漂い、

温度の低い箇所で結露するのではと考えてしまいます。

太陽光の設置している真下の面や北面など。

湿度を計測する湿度計はあるのですが、

CIMG4783

季節や時間帯によって数値は変わるので、

推測は出来ても決定打にはなりません。

不動産関係の方から、天井に染み跡があるので、

雨漏りか?結露か?判断して欲しいというご依頼が

最近ホームインスペクション絡みで多くあります。

しかし、特許技術の検査方法で雨漏りが再現できれば、

雨漏りが原因だという「検査結果報告書」は書けますが、

再現できなかった場合、

「再現できない」=「結露」であるとは断定できません。

天井裏に落ちた染み跡が1か所に集中してあれば「雨漏り」

広範囲に点在していれば「結露」という具合に

染み跡の点在の仕方である程度、推測できる場合、断定して

報告書に書けば良いという方もいらっしゃいます。

中古住宅の仲介売買物件で、この建物を売る側の売主さんや

買おうとされている買主さんの立場を考えれば、

この状況証拠のみで推測した「検査結果報告書」を

自信を持って書く勇気が私にはまだありません。

雨漏りは奥が深く生涯勉強ですね。

「炎の雨漏りファイター(雨漏りと闘う男)」日々進化し成長します!